SEO対策で重要な被リンクの考え方と増やし方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
SEO対策で重要な被リンクの考え方と増やし方

検索結果で上位表示される際に重要な要素は『良質なコンテンツ』と『被リンク』。この2つを同時に満たすことが重要です。

例え良質なコンテンツがあったとしても、被リンクがなければ上位に来ることは非常に稀です。

逆に、被リンクだけが充実している場合も、検索結果の上位に表示されることは難しいといえるでしょう。

被リンクを増やすならまず『良質なコンテンツ』を作成する

被リンクを増やすならまず『良質なコンテンツ』を作成する

そもそも、どうして被リンクが付くのか考えてみましょう。

検索ユーザーがそのページを見て「為になった!」「面白い!」「誰かに話したい!」といった感情を抱いたときに、自分のブログでも紹介するためにリンクを付けます。

また、その記事に関して自分の意見を書きたいときにもリンクを付けるでしょう。

つまり、人に行動を起こさせるような『有益な情報を与えることが出来る』ページだからこそ、被リンクが付くといえます。

SEOで重要なのは『良質なコンテンツ』と『被リンク』だとGoogleは言っています。

しかし、自然な被リンクが付くためには、『誰かに有益な情報を与えることが出来る』コンテンツ、つまり良質なコンテンツであることが前提条件です。

中身のない、他のサイトからデータを集めたようなサイトの場合、誰からも見向きもされず、リンクする人も現れません。

まずはリンクしたくなる、つまりみんなに教えてあげたくなるような良質なコンテンツを作ることがSEOの基本だといえるでしょう。

良質なコンテンツを作った後の行動が大事

良質なコンテンツを作った後の行動が大事

冒頭にも述べましたが、検索結果の上位に来るためには、『良質なコンテンツ』と『被リンク』の二つを同時に満たすことが重要です。

良質なコンテンツを作ったところで、その記事が誰の目にも触れなければ、もちろん被リンクもつきません。

そこで重要なのが、SNSによる拡散です。

良質なコンテンツを多くの人にすぐに見てもらう為には、SNSを利用することが手っ取り早く、確実な方法なのです。

SNSは被リンクを付けるための布石

SNSは被リンクを付けるための布石

SNSで拡散されたところで、直接的なSEO効果はありません。

SNSからのリンクには基本的に『nofollowタグ』が付いている為、被リンク効果は無いと断言できます。

しかし、SNSで拡散されるということは、多くの人に見てもらえるということ。

中には有名人もいるかもしれないし、ブロガーやアフィリエイターもいます。

本当に有益な情報であれば、自分のブログやサイトでも紹介したいと思い、勝手にリンクを付けてくれるでしょう。

これで『良質なコンテンツ』と『被リンク』の両方を満たすことが出来ます。

SNSで多くの人に見てもらう為には

SNSで多くの人にサイトを見てもらう為には、拡散させることが重要です。

では、拡散させる為にはどうすればいいのか。それは、何度も言っているようにまずは『良質なコンテンツ』を作ることです。

誰かに伝えたい!教えてあげたい!という気持ちになるコンテンツだからこそ拡散されます。

また、日頃からSNSで多くの人と繋がりを持っておくことも重要です。

フォロワーの少ないアカウントでサイトを投稿したところで、なかなか拡散されることはありません。

しかし、数万ものフォロワーがいるアカウントであれば…?

一定数はサイトを見てくれます。そのサイトが面白ければ、リツイートしてくれることもあるでしょう。

もちろん、フォロワーが少なくとも、拡散される場合もあります。数百フォロワーのツイートが数百回リツイートされることも多々あります。

しかし、確実にサイトの知名度を上げ、多くの人に見てもらう為には、自分自身をブランド化し、多くのフォロワーを集めておくことは非常に有効だといえるでしょう。

特にリンクが貼られている投稿の場合、拡散される確率は一気に下がります。多くの人がそのリンクに警戒し、クリックしないからです。

そのため、SNS上で多くの人と関わりを持ち、信頼を得たうえで、SNSによるサイトの拡散を行うことが重要だといえます。

関連記事:FacebookでサイトのSEO対策!『リンク』や『いいね!』を貰うためには

やってはいけない被リンクの増やし方

やってはいけない被リンクの増やし方

少し前までは、自分でリンクを付けたり、相互リンクを申し出たりといったSEO対策が有効でした。

しかし、今ではGoogleから『過度なSEO対策』と認識され、検索結果に表示されなくなる、つまりペナルティを受けることもあります。

実は、現時点でも別ドメイン、別サーバーなどを用いて自己被リンクを行い、無理やり順位を上げている人もいます。しかし、それらは『ブラックSEO』と呼ばれ、一時的に上位表示させるための施策です。

無理やり上位表示させる施策は検索結果を荒らす原因の為、Googleはそれらを排除するように動きます。

「すぐにでも上位表示させたい」「簡単に検索順位を上げたい」といって小手先のSEOをしたところで、排除されるのがオチでしょう。

まとめ

「検索ユーザーは何を求めているのか」「ニーズはどこにあるのか」を考えたコンテンツを作ることが最重要です。

その後SNSを使い被リンクをサポート。その結果、検索順位が上がる、という流れがベストだといえます。コンテンツを充実させることは、上位表示させる為ではありません。検索ユーザーにとって有益な情報を与えるために、コンテンツを充実させるのです。

検索ユーザーの為になるページだからこそ、検索結果で上位表示されるということを忘れないように。

小手先のSEOに手を染めず、良質なコンテンツを作成していきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*