SEOで集客を実現するには?すべきこととその具体例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
seo-shukyaku-ai

ホームページを作ったとしても「検索結果の上位表示」「SNSによる拡散」などによる集客を行わず、放置しているだけでは、誰もそのホームページを見ることはありません。

現時点では検索エンジン経由でホームページに辿り着く人がほとんど。SEO対策を適切に行い、検索結果の上位に表示されることで、そのホームページは集客手段としての役割を果たすことができます。

今回は『集客』に焦点を当て、行うべきSEO対策を紹介していきます。

ポイントは『顧客のニーズ』『キーワードの明確化』です。

集客には『見込み顧客』と『潜在顧客』の両方をカバー

集客には『見込み顧客』と『潜在顧客』の両方をカバー

顧客は、大きく分けて2種類に分類できます。

もともとそのホームページで取り扱っている内容に関して興味がある人(見込み客)と、現時点では興味が無い、知らないけれど、情報を与えることで顧客になり得る人(潜在顧客)です。

ホームページで集客するのであれば、その両方にアプローチすることが重要です。

見込み顧客のニーズ

見込み顧客は、ホームページで『購入する』『電話をかける』『予約する』などの行動を起こしやすく利益に繋がり易い顧客といえます。

そのホームページで紹介されている商品の詳細を知りたいと思っている顧客です。

例えば『○○酵素ドリンク』を紹介するホームページの場合。

見込み顧客はすでに○○酵素ドリンクを知っている、あるいは興味がある人を指します。

見込み顧客が検索するワードとしては『○○酵素ドリンク 効果』『○○酵素ドリンク 口コミ』などが考えられるでしょう。

潜在顧客のニーズ

潜在顧客は、まだその商品のことを知らないけれど、知ってもらえれば購入する可能性がある顧客です。

『酵素ドリンクダイエットに興味があるけど、○○酵素ドリンクのことは知らない。どの酵素ドリンクが良いのか分からない。』

『ダイエットしたいけれど、なかなか続かず結局失敗してしまう。手軽なダイエット法を知りたい。』といった人が潜在顧客です。

潜在顧客が検索するワードとしては『酵素ドリンク おすすめ』『ダイエット法 手軽』などが挙げられます。

見込み顧客とは違い、非常に広い範囲が対象となります。

しかし、あまりに範囲を広げ過ぎて、潜在顧客ですらない人をターゲットにすることはNG。

例えば、ダイエットジムで筋肉をつけながら魅力的なボディを目指したい人に向けて「ダイエットジムで汗をかくより酵素ドリンクで手軽にダイエット!」なんて記事を書いたとしても、興味を持ってもらえる可能性は非常に低いでしょう。

関連記事:正しいキーワードの選定とseoを意識した記事への配置法

顧客のニーズを把握し狙うキーワードを明確化する

顧客のニーズを把握し狙うキーワードを明確化する

見込み顧客と潜在顧客のニーズを把握したら、狙うキーワードを明確化し、そのニーズに応えるような記事を作成します。

狙うキーワードが『○○酵素ドリンク 口コミ』であれば、○○酵素ドリンクに寄せられている口コミをまとめます。

さらに、顧客はどんな口コミを知りたいと思っているのかを考えましょう。

よく見るのは、商品を販売したいからといって、その商品の良い口コミばかりを紹介しているホームページ。

あまりに良い口コミだけだと、むしろ顧客は「これ本当かな?」「なんだか嘘っぽいな」と警戒させてしまうことに繋がります。

顧客は『実際にその酵素ドリンクを使った人がどう感じているのかを知りたい』ので、良い口コミだけ載せるのはNG。悪い口コミもしっかり載せましょう。

さらに、その悪い口コミがどうして出たのかを考察、改善策を提示することで、より顧客のニーズに応えることができるでしょう。

ここまで顧客のことを考え、コンテンツを作りこむことで、やっと顧客のニーズに応えた記事を作成できるのです。

顧客のニーズに応えたコンテンツを作ることが一番のSEO対策

顧客のニーズに応えたコンテンツを作ることが一番のSEO対策

最近では、自己被リンクや相互リンク、キーワードの詰め込みといった小手先のSEOはペナルティ対象となり、SEO対策とはいえません。

現在有効と言われている長文SEOなど『検索エンジンをだましてサイトの評価を上げる』方法は、今後必ず駆逐されます。

今後も確実に有効だと言えるのは、検索ユーザーのニーズにあった記事です。

検索ユーザーのニーズを把握し、狙うキーワードを明確化。そのキーワードを記事タイトルに入れ、検索ユーザーのニーズを満たす記事を作る。それが本当のSEOだといえるでしょう。

もはや裏ワザ的に無理やり上位表示させる方法はありません。集客するのであれば、より信頼される、検索ユーザーの視点に立った本当の意味で『良いサイト』を作成することが重要だといえます。

まとめ

SEO対策は昔よりも簡単になったと言えるでしょう。ただ『狙うキーワードをタイトルに入れる』『検索ユーザーのニーズに合ったコンテンツを作る』この二つさえ満たせば上位表示されます。

コンテンツを充実させることで集客できると同時に、コンバージョン率(購入や電話などのアクションを行う確率)も上げることが出来ます。

『上位表示されるような』記事を書くのではなく、『顧客のニーズに合わせた』記事を書く事で、結果的に上位表示されることにも繋がります。

あくまで重要なのは『購入』『電話』といったアクションを起こさせること。SEO対策による集客はそのための手段の一つだということを覚えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*