SEOとSEMの違いとは?プロが分かりやすく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

『seo』と『sem』。サイトの運営をしているのであれば、一度は聞いたことのある言葉だと思います。

しかし、中には意味をはき違えて覚えてしまっている人も…。

今回は、seoとsemの違いについて解説していきます。

seoとsemの違いは『範囲』

seoとsemの違いは、簡単に言えば『範囲』です。
まずはこの画像をご覧ください。

青がseoによって表示されている部分、赤がリスティング広告によって表示されている部分となります。ではsemはというと…?

実は、sem=seo+リスティング広告、つまりこの画像全体が、semによって表示されている部分となります。

seoとは

seoは、Search Engine Optimizationの略です。日本語に訳すと、検索エンジン『最適化』となります

『このサイトにはどんな情報が掲載されているのか』『どんなユーザーに対して有益な情報を提供できるのか』を検索エンジンに正しく認識させ、上位表示を狙う施策がseoです。

主な手法としては『ページタイトルには狙うキーワードを左詰めに入れる』『ディスクリプションには狙うキーワードを2回ずつ入れる』などが挙げられます。

semとは

semは、Search Engine Marketingの略です。日本語に訳すと検索エンジン『マーケティング』となります。

つまり、semは『検索エンジンにおいて上位表示を狙う施策全般』のことを指しています。

先ほどのseoに加え、リスティング広告も含む施策と考えましょう。

リスティング広告とは

リスティング広告は『検索連動型広告』と呼ばれています。

検索エンジンにおいて、上位表示される方法はseoだけではありません。お金を払うことによって上位表示させることもできるのです。

seoを行っていなくても、狙ったキーワードで確実に上位に表示させることができる…それがリスティング広告です。

Googleで掲載されるリスティング広告は『GoogleAdWords』、Yahoo!JAPANなどで掲載されるリスティング広告は『Yahoo!プロモーション広告』が媒体となっています。

seoとsemを正しく活用し利益につなげる

seoのみを行うのか、それともリスティング広告も行うのか。それは運営しているサイトやマーケティング手法によっても変わってきます。

まずはseoとリスティング広告の特徴を押さえましょう。

・seoは長期的戦略向け

seoは、結果が出るまでに時間がかかります。コンテンツを充実させ、内部リンクを適切に配置したからといって、明日、明後日で順位が上がることはまずありません。おそらく、その結果は早くて2週間、多くの場合は1ヶ月以上かかるでしょう。

また、検索エンジンのアルゴリズムは刻々と変化しています。現在では正しいと言われているseoも、来月、半年後にはペナルティ対象となっている場合もあります。そういった意味では、長い目で見て常に上位表示させることは難しいと言えるでしょう。

しかし、seoの大きなメリットは『費用が掛からない』ということです。もちろん、有料外部リンクの購入などを行うこともありますが、基本的には無料で施策することができます。

確実に上位表示させることができる、ということはありませんが、一度検索エンジンからの評価を上げることができれば、維持費用をかけずに上位表示させることができます。

そのため、seoは長期的戦略向けといえるでしょう。

リスティング広告は短期的戦略向け

リスティング広告の場合、安定した上位表示を狙うことができます。費用が掛かるというデメリットはありますが、逆に言えば、お金を払って広告を出稿している限りは、常に狙ったキーワードで上位表示させることができるのです。

また、リスティング広告の場合は、出稿した直後から結果をすぐに出すことができます。早ければその日のうちに上位表示されることも珍しくありません。特に『季節もの』を取り扱ったサイトなど、短期間に集中して上位表示を狙いたい場合には必須の方法といえるでしょう。

さらに、リスティング広告の一番のメリットは『データ分析によるPDCAを手軽に行える』ということです。

リスティング広告を出稿すると、広告の表示回数やクリック数、それに掛かった費用を知ることができます。そのデータと、それによって得られた結果を照らし合わせ、サイトの改善や狙うキーワードの変更、出稿金額の見直しなどを行うことで、より費用対効果を高めていくことができるのです。

すぐに結果を出すことができますが、長期間出稿すればするほど費用がかかるため、リスティング広告は短期的戦略向けといえるでしょう。

smoを取り入れることも重要

最近では、smo(Social Media Optimizaton)も重要視されています。

smoは簡単に言えば、ソーシャルメディアを意識した施策です。サイトにソーシャルボタンを設置することや、SNSによってサイトの告知をすることがsmoとなります。

smoを取り入れることで、ソーシャルメディアからのユーザーの流入や、拡散されることによる被リンクの獲得などにより、結果的にseoやsemに繋がります。

ソーシャルメディアが普及した現在、smoはWebマーケティングを考えるうえで大きなウエイトを占めています。

seoやsemとともに、smoを考えたサイト構築を行いましょう。

まとめ

利益を上げるための施策は数えきれないほどあります。今回取り上げたseoやsem、smoも、結果を出すための手段の一つでしかありません。重要なのは、その特徴を理解し、適材適所でそれらを活用することとなります。

『このサイトにはどの手法が適切か』『この手法はどういった特徴があるのか』を今一度確認し、ベストな方法を選択しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*