SEOにはGoogle Analyticsが必須?7つの施策例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
seo-googleAnalytics

サイト運営者には欠かせないツールの1つであるgoogle analytics。google analyticsから得られる情報を読み解くことで、適切なSEO対策を行うことができます。

今回はgoogle analyticsを使ってどのようなSEO対策を行っていくべきか、その具体例を紹介していきます。

Google Analyticsとは

googleAnalyticsとは?

Google Analyticsは、Googleが提供している無料ツールであり、主な機能としてアクセス解析があります。

一言で『アクセス解析』といっても、Google Analyticsで得られる情報は非常に多く、有料ツールと比べても遜色ないクオリティのツールとなっています。

『どのページが何回見られているのか』
『どこに住んでいる人がサイトを見ているのか、どこからのアクセスが多いのか』
『現在どのページが閲覧されているのか』
『どの時間帯に多くサイトを見られているのか』

そういったサイトの閲覧に関する様々な情報を収集することができます。

Google Analyticsの情報を適切に読み取ることにより、サイトにどのような情報を足せばいいのか、どのページを改善すればいいのか等を確認することができます。

いわば、SEO対策を行う上で必須のツールと言っても良いでしょう。

Google Analyticsを用いたSEO対策例

analytics施策

ここでは実際にGoogle Analyticsを用いたSEO対策の例を紹介します。

1.ユーザーに適したサイト作りを行う

Google Analyticsでは、そのサイトに訪れたユーザーがどのような媒体を使っているのか、どの地域からアクセスしているのかといった情報まで知ることができます。

2.スマホユーザーかパソコンユーザーか

Google Analyticsを使うことで、そのサイトを訪れている人がスマホユーザーなのか、パソコンユーザーなのかを知ることができます。

スマホユーザーとパソコンユーザー、どちらに対しても見やすい適切なサイト作りがベストといえますが、なかなか難しい場合もあります。

例えば、タイトル一つとってみても、スマホユーザー向けとパソコンユーザー向けとでは、適切な文字数が変わってきます。ディスクリプションも同様でしょう。

そんなときは、どちらを使ってサイトに訪れているユーザーが多いのかを見極めましょう。

多い方のユーザーに対して適切なサイト設計にすることで、ユーザビリティを上げ、離脱率の低下やコンバージョン率(商品購入や資料請求などの成果に至る確率)の上昇を狙うことができます。

3.地域を分析し、その地域にターゲットを絞った記事を作成する

サイトの中身によっては、ある特定の地域のユーザーによくアクセスされることもあります。

そういった場合、サイト全体をその地域に合わせた内容にすることで、離脱率の低下やコンバージョン率の上昇を狙うことができるでしょう。

例えば、東京からのアクセスが多いのであれば、東京に住んでいる方になじみの深い例を出すことで、ユーザーによりわかりやすいサイトにすることができます。

4.見られていない記事のタイトル変更or削除

大規模サイトになってくると、よく見られるページと見られていないページが出てきます。

Google Analyticsでは、ユーザーがどのページをよく見ているのかといった情報も収集しています。

低品質な記事が存在していることによって、サイト全体の評価を落とすことにも繋がりますので、それらのページを削除することもSEO対策と言えるでしょう。

また、もしかするとそのページのタイトルが魅力的でなく、クリックされていないという場合もありますので、タイトルを変えてみることも一つの手だといえます。

もしタイトルを変えても見られないページの場合は、思い切って消してしまった方が結果的に検索順位が向上することもあります。

5.離脱率の高いページの修正

Google Analyticsでは、どのページでユーザーがそのサイトの閲覧をやめているのかを知ることができます。

離脱率が高いということは、もしかすると『デザインが見づらい』『文章が読みづらい』といった問題があるのかもしれません。

低品質な記事によるサイトの評価低下を避けるため、離脱率の高いページを改修することも有効なSEO対策だといえるでしょう。

6.読み込み速度の低いページの修正

記事の読み込み速度も検索エンジンの評価要素の一つとなります。

あまりに読み込み速度の遅い記事の場合は、評価が下がってしまう、離脱率が上昇してしまうといったデメリットが出てきます。

そのため、読み込み速度の遅い記事を見つけ対策を打つことが重要となります。

Google Analyticsでは記事ごとに読み込み速度も計測しています。

そちらを参考にしながら、ブラウザのキャッシュの利用、画像の最適化等を行い、記事の読み込み速度の上昇を目指しましょう。

7.SNSと連携

最近では検索エンジンからの流入だけでなく、SNSからの流入をいかに得ることができるかも重要となっています。

特にツイッターの拡散力は凄まじく、一度拡散するだけで非常に多くのユーザーを流入させることもできます。

Google Analyticsではリアルタイムでユーザーの流入数を知ることができますので、SNSを用いた拡散によりどの程度のユーザー流入を見込むことができるのかを知ることができます。

サイト作成直後例えば、サイト作成直後にSNSでそのサイトを拡散してみましょう。

Google Analyticsを使うことで、そのサイトをどの程度見てもらえるのか、コンバージョン率はどの程度になるのかといった実験を、リスティング広告などを使わず、無料で行うことができます。

まとめ

Google Analyticsは無料で誰にでも使える、非常に便利なツールとなっています。

その情報量は非常に多く、SEO対策をするうえで必須と言っても過言ではないツールでしょう。

『どのページを改修するべきなのか』『SNSの拡散によりどの程度の流入を見込むことができるのか』といった情報を入手しながら、適切なSEO対策を行っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*