2017年SEOの傾向とやるべき4つの施策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
seo-2017

『自己被リンク』『キーワードの詰め込み』といったSEO対策は、現在ではほぼ意味をなさなくなったと言ってもいいでしょう。

むしろ、マイナス評価やペナルティの対象ともなり得る要素となっています。2017年以降はこういった小手先のSEOはさらに無効化されていくでしょう。

今回は、今後小手先のSEOが通用しなくなる理由と、2017年に行うべきSEO対策について書いていきます。

これまでは小手先のSEOも通用していた

これまでは小手先のSEOも通用していた

先ほど挙げた『自己被リンク』『キーワードの詰め込み』などは、数年前までは非常に有効なSEO対策でした。

そういった小手先のSEOによって、いくらでも検索エンジンをだまし、サイトを上位表示させることができていたのです。

例えば、一時期は相互リンクや有料被リンクなどがSEO対策として流行りました。
リンク数が非常に重要な時代で、多くの人がこぞってリンクをかき集めていたのです。

しかし、現在ではそういった小手先のSEOは逆効果。ペナルティ対象となり、検索結果から除外されることも多くなっています。

今後はさらに縛りは厳しくなっていくと思われます。

では、そういった小手先のSEOを排除する目的は何なのか。

検索エンジンのシェアのほとんどを占めるGoogleを例に挙げ解説していきます。

Googleの目指す検索エンジンのあり方とは

Googleの目指す検索エンジンのあり方とは

Googleは『検索ユーザーの立場に立った検索エンジン』を作ろうとしています。

検索ユーザーが知りたい情報をすぐに提供できる検索エンジン、さらには、知りたい情報以上の価値を与えることができる検索エンジンを目指しています。

例えば、自己被リンクや有料被リンクなどによって検索結果を操作することができてしまうと、Googleとしては困ったことになります。

コンテンツの質が低いサイトでも上位表示されることが可能となり、結果的に検索ユーザーにとっても使い辛い検索エンジンとなってしまうのです。

現在、『Google AdSense』や『Google AdWords』といった広告をブロックする機能を標準搭載する計画があることをご存知ですか?

『Google AdSense』や『Google AdWords』は、どちらもGoogleの収入源。

それらをブロックする機能を付けることは、一見Googleにとって損にしかならないことに思えます。

しかし、結局は『Google AdSense』や『Google AdWords』は、検索エンジンを使ってもらわなければ意味がありません。検索エンジンが使われるからこそ収益化できるものなのです。

つまり、Googleは目先の利益よりも『検索ユーザーの立場に立った検索エンジン』を作ることによる長期的な利益を優先しているのです。

であれば、小手先のSEO対策によって無理やり順位を上げているサイトを野放しにするわけがありません。

現在有効とされている小手先のSEOは2017年以降では通用しない

現在有効とされている小手先のSEOは2017年以降では通用しない

例えば、現在有効だと言われているのは『長文SEO』。

1記事に10,000文字を入れることによって、ユニーク単語数や共起語数を増やし、様々なキーワードで表示されるようにするSEO対策となります。

現在であれば、検索エンジンには記事の内容を人間のように高度に理解する能力はありません。

文字数が多ければキーワードが増え、それだけ専門的なサイトだと検索エンジンは判断します。

サイトの滞在時間を延ばす効果もあり、検索エンジンから見ると『品質の良いコンテンツである』と判断してしまうのです。

しかし、実際は無駄に文章を引き延ばしているだけであり、むしろわかりにくい記事になることが多いのです。

10,000文字書いた記事よりも、それを1,000文字でまとめた記事の方が価値がある…にも関わらず上位表示されないのが現状となっています。

ただし、Googleが『検索ユーザーの立場に立った検索エンジン』を目指しているのであれば、そういった長文SEOも必ず対策されることになります。

キュレーションメディア対策から読み取れるGoogleからの警告

キュレーションメディア対策から読み取れるGoogleからの警告

キュレーションメディアは、記事の正確性やコンテンツの充実具合に関係なく上位表示されていました。

品質の低い記事を上位表示させることはGoogleの本意ではありません。

低品質な記事が上位表示されているということは、検索ユーザーの為にならないとGoogleは判断しました。

異例の『日本独自のアップデート』を行い、キュレーションメディアの検索順位を下げました。

『キーワード数』『文字数』『共起語数』といったSEOに関する要素の徹底管理により、キュレーションメディアはGoogleを攻略し、上位表示を成し遂げていました。

そんなキュレーションメディアも『コンテンツの品質が低い』ということで一気に順位を下げることになりました。

つまり、小手先のSEO対策をしようとも、コンテンツの品質が伴っていなければGoogleに順位を下げられることになるのです。

現在有効かもしれないSEO対策も、検索ユーザーの為にならないものと判断されれば通用しなくなります。

今後行っていくべきSEO対策は『サイトの存在意義を示す』こと

サイト自体に価値が無ければ、今後は上位表示されることも難しくなります。

SEO対策は、サイト作成者とGoogleとの「いたちごっこ」と言われていますが、そんなことはありません。

明らかにSEO対策は段々と難しくなっており、容易に行えないようになってきています。今後もその傾向は強くなっていくのでしょう。

コンテンツを充実させ、サイトの価値を創り出す。これがサイト作成の基本であり、今後行うべき一番のSEOとなるでしょう。

2017年のSEOは何をすればいいのか?

2017年のSEOは何をすればいいのか?

現在重要だと言われているSEOは『コンテンツ』と『被リンク』です。これに関してはGoogleも公式発表しています。

しかし、これは同じことを言っています。

被リンクを得るために必要なことは『有益なコンテンツを作成する』こと。つまり、コンテンツを充実させることが最大のSEOだといえるのです。

では、具体的に『有益なコンテンツを作成する』にはどうすればいいのでしょうか。

 1.検索ワードの背景にあるニーズをとらえ、サイトを作成する

その検索ワードで検索する人はどんなことを求めて検索しているのかを見極めましょう。

例えば、『大阪 たこ焼き屋』で検索する人は、たこ焼き屋の場所、おすすめのたこ焼き屋などの情報が欲しいと考えられます。『大阪でのたこ焼き屋の始め方』といった情報が欲しいわけではありません。

『大阪 たこ焼き屋』でSEO対策を行ったとしても、たこ焼き屋の始め方のサイトを作ってもクリックすらされないでしょう。

2.検索ユーザーにとって見やすいサイトを作成する

いかに内容の濃い、コンテンツが充実しているサイトだったとしても、写真が一切なく見る気の起きないサイトだった場合は、上位表示されることも難しいといえるでしょう。

離脱率が上がり、ページ滞在時間は少なくなり、コンバージョン率も下がってしまいます。

もちろん、デザインに極端に凝る必要はありません。

しかし、最低限『見やすいサイト』を作るということは心がけておきましょう。

例えば、適度な改行、文字の大きさの適正化はもちろんのこと、適度に画像を入れることも有効です。

また、パソコンユーザー向けに作ったサイトだったとしても、スマホでも見やすくする必要があります。

現在ではスマホユーザーがパソコンユーザーよりも多くなっており、モバイルファーストの時代に突入すると言われています。

レスポンシブデザインを採用するなどして、スマホユーザーにもみやすいサイト作りを行うことも重要でしょう。

ページの表示速度も検索エンジンの順位に少なからず影響してきます。AMPを利用するなどして、ページの表示速度を上げることも重要となってくるでしょう。

3.オリジナリティを入れる

他にもたくさんある量産型の記事を作っても意味がありません。

必要なのは『オリジナリティ』。自分にしか作れないサイトを作ることが重要なのです。

例えば、自分自身の体験、想い、考え方…そういったものを入れることで、世界に一つだけのサイト、世界に一つだけのページを作ることができます。

特にGoogleはオリジナリティのあるサイトを求めています。

検索結果に同じような記事が並んでいることは、検索ユーザーの為にもなりません。

今後は必ず個性的な、オリジナリティのある記事が上位表示されるようになるでしょう。

4.常時SSL化を行う

Googleは常時SSL化を推進しています。

今後Google Chrome(グーグルクローム)では、常時SSL化を行っていないサイトに対し『安全でない』といった表示を行うことが検討されているようです。

SEO的にも多少なりとも有利になるため、しておくに越したことはありません。

関連記事:SEO対策にhttps化は必要?知っておくべき常時SSL化の基礎知識

まとめ

2017年以降は、小手先のSEOは通用しなくなります。

裏技的な方法で上位表示されたとしても、すぐに順位が落ちてしまうことでしょう。

抜け道的な『ペナルティを受けない方法』を考えるのではなく、本当に検索ユーザーのことを考えたコンテンツを作ることを第一に考えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*