SEOに有効的なredirect(リダイレクト)方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

サイトを移転する際に有効だと言われている『redirect』。redirectを有効活用することで、元サイトから新サイトへSEO効果を引き継ぐことができます。

例えば、元サイトに被リンクがあった場合は、その被リンクをすべて新サイトに移し替えることができます。また、検索エンジンからの評価もそのまま引き継ぎます。

ただし、適切にredirectを行わなければ、SEO効果が期待できないどころか、ペナルティ対象となってしまうこともあります。

今回はredirectの詳細とSEOとの関係について解説していきます。

301と302、2つのredirect(リダイレクト)の使い分け方

301と302、2つのredirectの使い分け方

良く使われるredirectは『301』と『302』の2つ。その違いは『移動期間』です。

301redirectの場合、転送先のページをインデックスします。しかし、302redirectの場合は転送元をインデックスします。

そのため、もとのページを残しておきたい…つまり、短期的な転送の場合は302redirectを使いましょう。

逆にサイト移転などにより恒久的に転送したいのであれば、301redirectを使うことが妥当だといえます。

301redirect(リダイレクト)を使うべき場合

301redirect(リダイレクト)を使うべき場合

ドメイン変更時

「日本語ドメインから英語ドメインに切り替えたい」「ドメイン名に社名を入れたい」といった場合、ドメイン自体を変更し、新ドメインにサイトを移転することになります。この場合、元のドメインのサイトは今後使用しません。つまり、恒久的なサイト移転となるため301redirectを使いましょう。

サイト変更時

サイトの構造を変更する場合、それぞれのページのURLが変更されます。例えば、カテゴリの振り分けを変更する場合は、該当カテゴリ以下のページはすべてURLが変更されます。

その状態で放置しておくと、消去したはずのページが検索結果に表示される場合が出てきたり、被リンクがあった場合には、そのリンクからの流入がすべて途絶えることになってしまったりします。また、被リンクによるSEO効果も失われてしまうでしょう。

そのため、それぞれのページがどのURLに移転したかを検索エンジンに伝える必要があります。

URL正規化

www.の有り無しやhttpとhttpsなど、同じドメイン内に重複ページがある場合は正規化する必要があります。

正規化とは、内容が同一の複数ページを1つのページにまとめることです。正規化をしなければ、被リンクや流入経路の分散などにより、検索エンジンから適切な評価を受けることができません。

SEOの為にも、301redirectを使い正規化を行いましょう。

302redirect(リダイレクト)を使うべき場合

302redirectを使うべき場合

短期間(1~2週間)のドメイン移動

メンテナンス中やサーバーエラー中など、一時的にそのページを表示したくない場合に使います。

メンテナンス等が終われば、またそのページは表示されることになりますので、完全にページを移行する際に使う301redirectは使用しません。

一時的にトップページを変更したい場合

期間限定商品を一時的にトップページにしたい場合などにも使用します。

販売期間が終われば、またトップページを以前のページに戻すため、短期間の移行時に使う302redirectが妥当だといえます。

redirect(リダイレクト)の使い方

redirectの使い方

『.htaccess』ファイルを元サーバーに直接置くことにより、ページをリダイレクトすることが可能です。.htaccessには次のように表記します。

ドメイン自体にredirectを適応させる場合

RewriteEngine on

RewriteCond %{HTTP_HOST} ^AAA /.com$

RewriteRule ^(.*)$ http:// BBB.com/$1 [R=301,L]

これでAAA.com/からBBB.com/に転送できます

ディレクトリにredirectを適応させる場合

RewriteEngine on

RewriteRule ^CCC/(.*)$http://www.AAA /DDD/$1 [R=301,L]

これでディレクトリ/CCC/から、http://www.AAAのディレクトリ/DDD/に転送できます。

ページ単体にredirectを適応させる場合

RewriteEngine on

RewriteRule ^EEE/.html$ http://www.AAA /FFF.html [R=301,L]

これでEEE.htmlからhttp://www.AAA /FFF.htmlに転送できます。

redirect(リダイレクト)を使う際の注意点

redirectを使う際の注意点

ペナルティを受けた際のドメイン移行時には使わない

redirectは被リンクなどのSEOに関する『良い評価』だけでなく、Googleによる手動ペナルティなどの『悪い評価』も受け継ぎます。

サイトがペナルティを受けてしまい、ドメインの載せ替えを行わなければならない場合は、301redirectは使えません。使った場合、移転先のドメインも手動ペナルティの影響を受け、インデックスされないなどの大きなデメリットが発生します。

被リンクなどが付いていた場合はもったいないですが、redirect等を使わず一からサイトを作りSEOを行う必要があります。

元サイト内のコンテンツをすべて301redirectで新サイトのトップページに転送しない

元サイトにコンテンツがたくさんあった場合、新サイトのトップページに評価が集中することになります。

被リンク効果などが一カ所に集中しSEO的に良いと思われがちですが、ペナルティ対象になることもあります。

実際に、一カ所に301redirectを集めることで評価を上げることは『検索エンジンをだますためのリダイレクト』となり、Googleのウェブマスター向けガイドライン違反となります。

参考:Googleガイドライン

301redirectにより検索エンジンからの評価を受け継ぐためには、1ページごとに対応したページにredirectする必要があります。

まとめ

redirectをうまく使うことで、元のサイトのSEO効果をそのまま新サイトに受け継ぐことができます。もしも元サイトがWordpressを使用している場合は『Redirection』というプラグインを用いることで、簡単にredirect設定ができます。

その場合、.htaccessを作製する必要が無く、より簡単にredirectを行えます。

redirectの方法を間違えてしまうと取り返しのつかないことにもなりかねないため、慎重に行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*