SEO対策の費用は?業者の料金体系とメリット・デメリットをご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
seo-plan

SEO対策の費用は?業者の料金体系とメリットデメリットをご紹介!

「分からないことがあれば検索する」

私たちの生活に密着している「検索」という行動。検索結果1ページ目に、Webサイトのホームページが掲載されることは、非常に大きな意味を持っており、その経済効果は計り知れません。

毎月数百万回検索されるワードで上位表示されたのであれば、大きな利益を生むことになるでしょう。

そこで今注目を浴びているのが『SEO業者』。Webサイトを上位表示させるための施策を専門に行う業者です。

今回はSEO対策を業者に依頼した際にかかる費用と料金体系について紹介していきます。

SEO業者に依頼する場合の費用

SEO業者に依頼する場合の費用

施策内容が不透明な部分もあり、やっている内容も業者によって全く異なります。

さらに、狙うキーワードやサイトの規模、料金体系によってもかかる費用が異なります。

例えば、成果報酬型SEO対策の場合は1キーワード1日30円の業者もあれば、1日3千円の業者もあります。

月額固定費型においても、月に1万円をきる業者もあれば、10万円を超える業者もあります。

業者によって行う施策も全く違うため、SEOを頼む際には具体的に「何をしてくれるのか」「どれくらいの期間で順位が上がると予想できるか」といったことを事前に聞いておくことが重要だと言えるでしょう。

まずは複数のSEO業者に相談。見積もりを貰い、業者を比較しましょう。

ただし、業者に相談する前に、まず行うべきは『自社サイトの改善』です。

SEO対策の費用を抑えるために

SEO対策の費用を抑えるために

SEO対策により上位表示を狙うことは確かに重要ですが、上位表示されたとしても、それが直接利益に結び付くとは限りません。

サイトに多くのアクセスが流入したとしても、そこで検索ユーザーが行動を起こさなければ意味がないのです。

例えば『自社製品を売りたい』からSEO業者に頼んで上位表示されたとしても、サイトの中身がお粗末であれば誰も製品を購入しません。

それでも当該サイトは上位表示されているため、ただただ費用だけがかさんでしまうことになります。

SEO対策の費用を抑えるためにも、まずはLP(ランディングページ)やサイト構成を見直すことが重要だといえるでしょう。

SEO対策業者の料金体系

SEO対策業者の料金体系

SEO対策業者の料金体系は大きく分けて2つ。

『成果報酬型SEO対策』と『月額固定費型SEO対策』です。

成果報酬型SEO対策

狙っているキーワードでWebサイトが上位表示されている間だけお金がかかるタイプです。

例えば『seo』というキーワードで契約した場合、10位以内の日数×料金で費用が決まります。

狙っているキーワードにより、金額が大きく変わってきます。

・メリット

余計な費用が発生しにくい

Webサイトが上位表示されている間だけ費用が発生する為、余分な費用が発生しにくいのが特徴です。

Webサイトにユーザーを招いた際に、確実にコンバージョンに結びつけることが出来るのであれば、費用をかなり抑えられます。

・デメリット

キーワードが変更できない

「狙ったキーワードが上位表示されている期間×料金」で費用が決まるため、キーワードを自由に変えることができない業者が多いようです。

そのため、狙ったキーワードで思ったように結果が出なくとも、費用がかさんでしまうのが特徴です。

何もしないSEO業者も存在する

Webサイトが上位表示される際に重要な要素の一つが『ドメインエイジ』。

つまり、Webサイトを運営している期間も上位表示される際に必要な要素の一つなのです。

何もしなくてもだんだん順位が上がり、上位表示されることもあります。それを狙っている悪徳SEO業者もいます。

契約する際は具体的にどのような施策を行うのかを徹底的に聞いておくことが重要だといえるでしょう。

Googleからペナルティを受けることも…。

成果報酬型の場合、上位表示されなければコストを回収できません。

そのため、順位を上げるために、多少強引な施策を行うことが多くなります。

成果報酬型SEO対策の場合、無理やり順位を上げるために、サテライトサイトを作成しリンクを送る…つまり、SEOスパム行為を行う業者もあります。

Googleのガイドラインには次のような表記がある。

“PageRank や Google 検索結果でのサイトのランキングを操作することを意図したリンクは、リンク プログラムの一部と見なされることがあり、Google のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)への違反にあたります。”

つまり、自分でリンクを付け、無理やり上位表示させる行為はペナルティを受ける恐れがあるということです。

ペナルティを受けた場合、復旧させるのは非常に難しく、業者に頼んだ場合は数十万円かかることも…。

ペナルティを受けるリスクがあることも事前に知っておきましょう。

月額固定費型SEO対策

毎月一定額を支払うことで、継続的にSEO対策を行います。

・メリット

予算が組みやすい

上位表示されたとしても、費用は同じ。歩合制ではないため、予算が非常に組みやすくなります。

上位表示された際は成果報酬型SEO対策よりも安い

成果報酬型の場合は、上位表示されればされるほどお金もかかります。

しかし、固定費の場合は上位表示されても一定額。費用が変わらないため、上位表示された際には月額固定型SEOのほうが安くなるでしょう。

安全/確実なSEO対策を行ってくれることが多い

一気に上位表示させるSEO対策は、その後ペナルティなどにより一気に順位は急降下します。

そのため、成果報酬型で施された雑なSEO対策は、順位が安定しないものとなることが多くなります。

しかし、月額固定費の場合はそこまで急に順位を上げる必要もないため、確実なSEO対策を行います。

例えばサテライトサイトを作成するSEO対策にしても、より作りこんだWebサイトを作成することができます。

安定して順位を上昇させることができるのが月額固定費型SEO対策の特徴です。

 

・デメリット

順位が上がらなくても費用が発生する

固定費の為、例え100位以内に入っておらず、全く検索結果に出てこない場合でも費用が発生します。

契約期間が長い

長期契約となる為、たとえSEO対策の結果がなかなか出てこなくとも、そこで打ち切りにすることはできません。

 

まとめ

内容をご覧いただいたとおり、SEO対策の費用は一概には言えません。

SEO対策を行う業者はたくさんあり、それぞれ費用が全く違うため、一概にこれくらい費用が掛かるとはいえません。

まず初めに運営サイトの把握をする事がとても大切です。その為には、複数のSEO業者から意見を聞き、吟味したうえで依頼することをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*