SEOとh1タグの関係とは?知っておくべき最低限の基礎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

検索エンジンがサイトの情報を読み取る際に重要な『h1』タグ。多くのサイトが設定している中、もしもあなたのサイトが正しく設定できていない場合、上位表示させることが難しくなることも…。

今回はh1タグとSEOの関係と設定方法について紹介します。

h1タグはSEOに関係ある

検索ユーザーにとってみれば、h1タグがついていようがいまいが、サイトが見やすければ関係ありません。

色を付けたり、文字の大きさを変えたり、フォントを変えたり…。サイトを見やすくする手段はhタグ以外にもたくさんあります。

しかし、それでは『検索エンジン』はサイトの中身を理解することができません。

「このサイトには何が書いてあるのか」「どんなことを掘り下げて書いているのか」

検索エンジンはまだ、人間のように文章を理解することができないのです。

そのため、検索エンジンに分かりやすいサイト構成にする必要があります。

そんな時に使われるのがh1を含むhタグです。

hタグは、簡単に言えば『見出し』。hタグを使うことによって「ここには何が書いてあるのか」を検索エンジンに伝えることができます。

そのため、適切にhタグを使用することでSEO効果を期待することができます。

h1タグの具体的な使い方

h1タグの具体的な使い方

h1タグはbodyタグ内に次のように設置します。

『<h1>(h1に入れたいフレーズ)</h1>』

以前は『できるだけ上部に表記したほうが、クローラーが回ってきやすくSEO的に良い』と言われていましたが、現在ではクローラーの性能が上がり、どこに配置しても関係なくなりました。

h1タグには、基本的にそのページを要約したフレーズが入ります。

例えばこのページの場合、次のように設置します。

『<h1>SEOとh1タグの関係を一挙大公開!</h1>』

ここで重要なのは『狙うキーワードが入っているか』ということです。

記事タイトルと同様、狙うキーワードを意図的にh1タグにも入れましょう。

ただし、キーワードの詰め込み過ぎには要注意。過度なSEOはペナルティ対象にも成り得ます。

正しいh1タグの使い方

正しいh1タグの使い方

よくあるhタグの間違った使い方として「装飾のためにhタグを使う」というものがあります。

hタグは基本的に数字が小さいものから順に使用します。

しかし「h2よりh3のほうがデザインが好き」といった理由でhタグを使ってしまうと、検索エンジンは混乱してしまいます。

「ここには何が書いているんだろう…?」「この部分の詳細はどこに…?」

ページの構成を検索エンジンが適切に把握できず、検索エンジンから正しい評価を受けることができません。

hタグは必ずh1→h2→h3→…というように段階的に使うようにしましょう。

h1タグの使用は1ページにつき基本1回だけ

h1タグの使用は1ページにつき基本1回だけ

「h1タグにSEO効果があるのなら、h1タグを何度も使うことで上位表示されやすくなるのでは?」と考える人もいますが、それは間違いです。

h1タグは確かにサイトの構成を検索エンジンに伝える上で重要な役割を持っています。しかし、h1タグを乱用した場合、そのサイトが何を伝えたいのかが分からなくなってしまいます。

例えば、1個目のh1タグには『ホームページの作り方』が設定されており、2個目のh1タグには『seoの方法』が設定されているとします。

この場合、このページには『ホームページの作り方』『seoの方法』の2つのコンテンツが交じっていることになります。

検索エンジンからすると、検索ユーザーがどんなキーワードで検索した際にこのページを表示すればよいのかが分かりづらくなってしまい、結果的に検索結果に表示されない…ということに繋がります。

検索エンジンは『専門性の高いサイト』を上位表示させる傾向にあります。

ホームページの作り方についてであれば、『基本的なサイトの構造』『サーバーやドメインの基礎知識』といった、ホームページの作り方について徹底的に説明したページ。

seoの方法についてであれば、『内部seo』『外部seo』といった、seoについて徹底的に説明したページが上位表示されやすくなります。

h1タグを複数使用してしまうと、専門性が薄れてしまい、何が言いたいのか分からないサイトになってしまいます。

基本的にh1の使用は各ページで1個と考えましょう。

h1タグには画像を入れても良い

h1タグには画像を入れても良い

h1タグには必ずしも文章を入れる必要はありません。企業サイトの中には、h1タグに企業のロゴを入れているものもあります。

ただし、h1タグに画像を入れる場合は要注意。必ずalt属性にキーワードを配置しておきましょう。

検索エンジンはまだ、画像を把握することができません。『犬』の画像を見て、それが猫なのか狐なのか。検索エンジンには分からないのです。

そこで、その画像が何かをサイトの運営者から検索エンジンに伝える必要があります。

その方法の一つが『alt属性』。h1タグに画像を入れる際にも、狙うキーワードを含んだフレーズをalt属性に入れておきましょう。

まとめ

h1タグを設定したからと言って、必ず上位表示されるとは限りません。そもそも、ほとんどのサイトでh1タグを適切に設定しています。

つまり、h1タグを適切に設定することは、SEOの基礎であり、上位表示される際の最低条件と思っても良いでしょう。

以前はh1タグにキーワードを詰め込むことで上位表示されていた時もありました。

しかし、現在は無効化されており、スパムとしてペナルティを受けるようになっています。

さらに、h1タグの重要性もその際に落ちてしまいました。

上位表示を狙うのであれば、考えるべきは何よりも『ユーザーの為になるコンテンツかどうか』です。

seoはあくまで、そのサイトの情報を正しく検索エンジンに伝える方法です。無理やり上位表示させる方法ではありません。

「どのようなコンテンツが求められているのか」をしっかり考え、検索ユーザーの目線で考えたサイトを作成しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*