descriptionはSEOに関係が無い?噂の真相と正しい記述法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

数年前まではSEOに関係があると言われていたdescriptionですが、現在では直接的なSEO効果はないと言われています。

今回は『descriptionはSEOに関係が無い』という噂の真相と、descriptionの正しい記述法について解説していきます。

SEOにdescriptionは関係ない?

実はGoogleが正式に『descriptionは順位に関係ない』と断言しているのです。そのため『descriptionはSEOに関係が無いから書かなくていいや』といった人がたくさん出てきました。

実際に、descriptionが書かれていないページでも上位表示できているため、その風潮は強まっていると言っていいでしょう。

descriptionは必要ない?

descriptionを書かなくても、検索エンジンはそのページ内から関係があると思われる部分を抜き出し、スニペットとして利用しています。

※スニペットとは、検索した際に出てくるそのページの要約文のことです。

description

descriptionを設定しなくても検索エンジンは勝手にページ内を読み取ってくれますし、descriptionを設定したからといって順位が向上するわけではないため、必要ないと考える人も多くなっています

descriptionはクリック率に影響がある

しかし、descriptionは直接的にはSEOに関係がなくとも、実は間接的にSEOに関係してくるのです。

先ほど『検索エンジンはそのページ内から関係があると思われる部分を抜き出し、スニペットとして利用する』と書きましたが、どこを抜き出すのかはわかりません。

検索エンジンは文の意味を理解しているわけでは無いため、検索されたキーワードを使っていたとしても、関係が薄い箇所を抜粋してくることもあるのです。

例えば、「description SEO」で検索した場合に

【『descriptionはSEOに関係が無いから書かなくていいや』といった人がたくさん~】といった文章がページの要約文として書かれていたらどうですか?

「このページを見ても、欲しい情報はないな。」そう判断し、クリック率が低下する…そういった場合もあるのです。

【descriptionはSEOに関係ないと言われていますが、実際は…?SEOとdescriptionの知られざる関係について紹介します!】

こういった要約文であればどうでしょうか?「ちょっと内容を見てみたいな…」と思いませんか?

つまり、descriptionを正しく設定することによって「クリック率」を上げる効果を期待できるのです。

また、そのページの要約文を記述していれば、検索結果として表示された場合に「このページなら悩みが解決できそうだな」と事前に内容を把握した上でクリックしてくれます。その場合は離脱率ももちろん減りますよね。

『クリック率の上昇』『離脱率の低下』

SEOを考慮したdescriptionの記述を行うことで、直接的に順位を上げる効果はないものの、間接的にSEO効果を出すことができるのです。

SEOを考慮したdescriptionの記述法

それでは、SEOを考慮したdescriptionの記述法について解説します。

重要な点は3つ。『キーワードを入れる』『狙うユーザーによって文字数を変える』『魅力的な文章を考える』です。

キーワードを入れる

検索結果を見てみると、スニペット内の検索キーワードに当てはまる部分が、太字で強調されていることが分かると思います。キーワードを入れることで『ここにはこのキーワードのどんなことが書かれているのか』が分かりやすくなるのです。

ただし、ただやみくもにキーワードを入れてはいけません。キーワードの詰め込み過ぎは過剰なSEOとして、ペナルティを受ける原因となります。基本的には、description内にキーワードは2個までと言われています。

また、スマホとパソコンではスニペットに表示される文字数が異なります。機種によっても異なってきますので、基本的にキーワードは左詰で書くべきだと言われています。

文字数は狙うユーザーに合わせて

パソコンユーザーを狙うのであれば、100~120文字でそのページの要約文を書きましょう。

スマホユーザーを狙う場合は、スマホの画面では50~60文字程度までしか表示されませんので、50文字以内に収めるのが良いでしょう。

『クリックしたい』と思わせる文章を考える

descriptionを設定するにあたり、ここが一番重要なことです。いかに『そのページを見たい』『詳細を知りたい』と思わせるかが重要となります。

基本的には『そのページには何が書かれているのか』『誰に向けて書いた記事なのか』を記述することになるでしょう。

descriptionの役割は『クリック率の上昇』と『離脱率の低下』。クリックしたいと思わせ、かつそのページ全体を要約した文章を作りましょう。

関連記事:SEOで重要なHTMLタグは?特に気を付けるべき4つのタグ

まとめ

descriptionを設定したからといって、SEOにプラスに働くわけではありません。それならば設定する必要もないと言えるでしょう。

しかし、『適切に』設定することによって、クリック率が上昇、検索エンジンからの流入数が増えます。また、ページを開く前から、そのページには何が書かれているのかが分かりますから、離脱率も低下し、結果的にSEOに繋がるのです。

ただし、descriptionを設定するために費やす時間が惜しい場合は、設定しなくても順位が下がることはないため、あえて設定しないという手ももちろんあります。

例えば、数千、数万ページある大規模サイトを運営している場合ですね。すべてにdescriptionを設定していくと、それだけでも膨大な時間が必要となってしまいます。

であれば、その時間を他のSEOに関する施策に費やした方が、結果的に順位の上昇に繋がるでしょう。

しかし、設定できるようであれば、できる限りSEOを意識したdescriptionを設定しておくようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*