canonicalタグとSEOの関係は?URL正規化でマイナス評価を回避する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
canonical-ai

サイトを運営する上で重要なことは、なによりもコンテンツの充実。

検索ユーザーによって有益な情報を載せているサイトを作ることが何よりのSEO対策となります。

しかし、コンテンツにだけ力を入れていても、サイトの価値を検索エンジンに適切に伝えることができなければ、検索ユーザーの目には入りません。

特に、重複コンテンツはサイトを運営していると勝手に生成され、放置しているとペナルティに繋がることも…。

そこで便利なのがcanonicalタグです。

今回はcanonicalタグとは何か、SEOと絡めながら解説していきます。

canonicalタグとは?

canonicalタグとは?

canonicalタグは、URLの正規化を行うためのタグです。

canonicalタグを設定することで、重複コンテンツがある場合に『どのコンテンツが最も大切なページなのか』を検索エンジンに伝えることができます。

例えば『httpとhttps』や『www.があるURLとないURL』が混在している場合、検索エンジンは『重複コンテンツ』として認識します。

どのページが一番大切なのか、どのページをインデックスすべきなのかを検索エンジンに伝えることで、重複コンテンツのマイナス評価を受ける可能性を減らすことに繋がります。

canonicalタグと301リダイレクトの違い

canonicalタグと301リダイレクトの違い

canonicalタグも301リダイレクトも、似たような働きをします。

しかし、そこには明確な違いがあります。

canonicalタグは検索エンジンに対し『こちらが正規URLですよ』と導くタグです。

ただし、どちらを参照するかはあくまで検索エンジン次第。canonicalタグを無視してそのページを見て評価することもあります。

しかし、301リダイレクトの場合、検索ユーザーも検索エンジンも強制的に転送します。

その大きな違いは『検索ユーザーも転送するのかどうか』。

例えば、ECサイトでワンピースが販売されているとします。そのワンピースには3種類色があり、それぞれ個別のページを作成したとしましょう。

それぞれの個別ページに書かれている内容はほとんど同じ、違う点は『色』のみ。

つまり、重複コンテンツなのでマイナス評価を受ける恐れもあるのです。

そんなときに使うのがcanonicalタグです。

検索エンジンのみに『このページは重複コンテンツです。正規ページはこちらですよ』と伝えるのです。

そこで301リダイレクトを使ってしまうと、検索ユーザーも強制的に違う色のページに転送してしまうことに。

サイトを移転する場合には301リダイレクト、重複コンテンツを正規化する場合にはcanonicalタグを使うのがベストだといえるでしょう。

canonicalタグを使うメリット

canonicalタグを使うメリット

canonicalタグを正しく設定することは、ペナルティ回避だけでなくSEO対策にも繋がります。

重複コンテンツを排除し、サイトの評価が正しく行われる

サイトがペナルティを受けることはあくまでごくまれなことであり、故意的なランキング操作を意識したサイト運営を行っていなければ、ほぼ心配することはありません。

しかし、重複コンテンツによりサイトの評価が低下することがあるのも事実。

Googleが重複コンテンツについて以下のように述べています。

“ごくまれなケースとして、Google でのランキングの操作やユーザーへの偽装を意図した重複コンテンツが表示される可能性が認識された場合も、Google では関係するサイトのインデックス登録とランキングに対して適切な調整を行います。その場合、該当するサイトはランキングが低下するか、Google インデックスから完全に削除されて検索結果に表示されなくなる可能性があります。”

Googleガイドラインより

コンテンツがいくら充実していたとしても、自動生成されたページでマイナス評価を受けてしまうとどうしようもありません。

確率は低くとも、マイナス評価を受ける可能性がある要素は排除しておくに越したことはないでしょう。

 リンクの評価を1ページに集約する

同じようなコンテンツが、違うURLで複数ある場合、リンクの力が分散されることがあります。

例えば、http://○○のページにリンクが付き、https://○○のページにもリンクが付いた場合、どちらもリンクは一個しか付いていないことになります。

しかし、URLを正規化することにより、リンクのパワーが集約され、1ページに2個のリンクが付くのと同様のSEO効果を見込めます。

canonicalタグを正しく設定することにより、マイナス評価やペナルティを受ける可能性を排除するとともに、リンク集約によるSEO効果も見込むことができるのです。

関連記事:SEOの内部対策で最低限行うべき9つの設定

canonicalタグを使うべき場面

canonicalタグを使うべき場

『httpとhttps』や『www.があるURLとないURL』が混在している場合

自動的に生成されるこれらのページを放置しておくと、重複コンテンツとして認識されることもあります。

canonicalタグを使い、正規化しましょう。

PC用ページとスマホ用ページのURLが異なる場合

レスポンシブWebデザインの場合は問題ありませんが、PC用ページとスマホ用ページを分けて作成しているサイトの場合は要注意。

正規化していなければ重複コンテンツとなる場合もあります。

ECサイトで同じような商品を紹介している場合

ショッピングサイトを運営している場合、色違いやサイズ違い等によって、ほぼ同じようなページを作成することもあります。

しかし、それらも放置しておくと重複コンテンツとみなされる場合も…。canonicalタグを使って正規化することをおすすめします。

canonicalタグの設置方法

canonicalタグの設置方法

canonicalタグはheadタグ内に次のように記述することで効果を発揮します。

<link rel=canonical href=“/BB.html” />

<link rel=canonical href=“http://AA.com/BB.html” />

ただし、href=“AA.com/BB.html” />と記述してしまうと、エラーが起きてしまうので注意。

canonicalタグの設定が間違っている場合、検索エンジンはcanonicalタグを無視し、そのページをクロールします。

まとめ

canonicalタグはあくまで、検索エンジンに正規ページを教えてあげる一つの指標です。その指示を聞くかどうかは、検索エンジン次第。

劇的なSEO効果が見込めるものでもないため、全ページを洗い出し、canonicalタグを設置していくことはありません。

最低限すべきcanonicalタグの設置だけ行い、あとはコンテンツの質を上げていくことに集中してサイト運営を行いましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*