SEOを意識したBlogの運営方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
blogは独自ドメインを使って運営する

blogを運営するのであれば知っておきたいのが『SEO』。

しかし、一言でSEOと言ってもやることはたくさんあります。

どこから手を付けてよいのか分からない人も多いのではないでしょうか。

今回はblog運営初心者に向けて、SEO対策の流れをまとめました。

「これさえ知っていれば上位表示を狙える」という知識だけを凝縮してご紹介します!

blogは独自ドメインを使って運営する

blogは独自ドメインを使って運営する

無料かつ使いやすい為、blogの初心者はどうしても無料blogを使ってしまいますよね。

しかし、無料blogにはデメリットがたくさんあります。

SEO的に弱い

無料blogで独自ドメインブログに勝つことは非常に難しいといえるでしょう。

いくら良い記事を書いたとしても、検索結果で上位に表示されることは少なくなります。

収益化が難しい

SEO的に弱く、上位表示されないだけであれば、工夫すれば多くの人に見てもらうことはできます。

例えば、SNSの利用。今では多くの人がSNSを利用していますので、うまく活用することで、無料ブログであってもある程度のアクセスを見込むことが出来るでしょう。

しかし、blogを収益化しようとしている方の場合は要注意。

無料blogの場合、アフィリエイトが禁止されていたり、そもそもブロガーの主な収入源であるGoogleアドセンスに登録できなかったり…。

収益化が非常に難しいという特徴があります。

他にも『サイトのカスタマイズに制限がある』『いつblogが消されるか分からない』といったデメリットも存在します。

多少お金はかかっても、独自ドメインでblogを運営することをおすすめします。

まずはwordpressを導入する

まずはwordpressを導入する

独自ドメインを取得したとしても、一からblogを立ち上げていくのは骨が折れますよね。

そんな時におすすめなのが、wordpress。

無料blogのように手軽に使うことができ、かつカスタマイズも自由に行えます。

テンプレートは『Simplicity』がおすすめ!

wordpressを導入する場合、まず悩むのがテンプレート。
これからblogを始めるのであれば、私は『Simplicity』をおすすめします。

その特徴はなんといっても『SEO対策があらかじめ行われている』こと。

『AMPに対応している』『メタディスクリプション欄が初めからある』といったSEO対策に関する施策があらかじめ行われており、余計なSEOに関するプラグインを導入する必要がありません。

さらに、サイト自体が非常にシンプルであり、記事内容も見やすくなっています。

これからblogを始めるのであれば、まずはSimplicityを使いましょう!

関連記事:wordpressでseoを強化する際に絶対やっておくべき6つの設定

記事タイトルを決める前にキーワード選定を!

記事タイトルを決める前にキーワード選定を!

記事を書き始める前に、まずはキーワード選定を行います。

なんでもかんでも記事にしていたのでは、なかなかアクセスを増やせません。

『どんな記事を書きたいのか』『どんなキーワードで記事を書くのか』を先に考えておきましょう。

狙うキーワードは次の3つ。

1.検索している人が多い(需要のある)キーワード

そもそも、狙っているキーワードで検索している人がいなければ、記事を作っても誰も見てくれません。

需要のあるキーワードを狙うことが重要です。

2.ライバルが少ないキーワード

上位表示されているblogやアフィリエイトサイトが多い場合は要注意。

それらを超える内容の記事を書かなければ、上位表示させることができません。

特にアフィリエイターの場合はSEO対策をしっかり行っていることも多く、そんな中で上位表示されることは難しいといえるでしょう。

記事を書く前に、狙っているキーワードで上位表示されているサイトを事前に確認することが重要です。

もしもライバルが少ないキーワードであれば、記事を書けばすぐに上位表示されるでしょう。

3.話題になっているキーワード

これもライバルが少ないキーワードといえます。今が旬のキーワードを書くことにより、すぐに上位表示されるでしょう。

ただし、旬が過ぎれば、検索されないキーワードになることも…。

一時的にアクセスを稼ぐのであれば非常に有効な手段であり、そこから他の記事に誘導できるかどうかがサイトの順位を左右します。

キーワード選定は非常に重要。おろそかにしていると、記事を作成したとしても、誰にも見てもらえない意味のない記事になります。

キーワード選定の関連記事:SEOキーワード選定法の正しいやり方とツールの使い方

記事タイトルは入念に考えよう!

記事タイトルは入念に考えよう!

狙うキーワードを選定したら、次は記事タイトルを決定します。

記事タイトルは非常に重要であり、上位表示される確率や、上位表示された際のクリック率にも影響してきます。

記事タイトルを決定する際に注意すべき点は次の3つ。

1.狙うキーワードをできるだけ左詰に

seo-blog1

上の画像を見て分かるように、上位表示されているサイトはキーワードをタイトルの前半に入れています。

他のキーワードで検索しても、ほとんどの場合こういった検索結果になるでしょう。

記事の前半にキーワードを入れることで上位表示されやすい…つまりSEO的に強いと言われています。

また、検索ユーザー目線で考えても、キーワードが前半にあるということは「このサイトを見れば、このキーワードに関して知ることが出来るかな?」と思わせることが出来るため、キーワードはできるだけ前半に入れるべきだと言われています。

2.記事タイトルは32文字以内で

検索結果で表示される記事タイトルには文字数制限があります。あまりに長いタイトルだと、途中で『…』で省略されてしまいます。

スマホユーザーを主なターゲットにするのであれば、文字数制限はさらに厳しくなります。

できるだけ記事タイトルは32文字以内におさめるようにしましょう。

3.思わずクリックしたくなるようなタイトルをつける

ただ狙うキーワードを羅列しただけのタイトルでは、上位表示されたとしてもなかなかクリックされません。

例えば、狙うキーワードが『コピーライティング』だった場合

『コピーライティングの書き方』といったタイトルではなかなかクリックに繋がりません。

そこで『コピーライティングで人生が変わる!収入を倍増させる驚きの技とは』といったタイトルならばどうでしょうか。

上位表示された際のクリック率に大きな差が出てくるでしょう。

記事は『検索ユーザーにとって価値のある』内容に

記事は『検索ユーザーにとって価値のある』内容に

blogを書く場合、重要なのはやはり記事内容。

いかに良いキーワードを選定し、良いタイトルをつけたとしても、記事内容が悪ければ、せっかくblogに来てくれたユーザもすぐに去ってしまいます。

その結果、検索エンジンに嫌われ、順位低下…なんてことにも繋がります。

『日記』を書いても順位は上がりません。『検索ユーザーにとって価値のある記事』を書かなければ、上位表示されることは難しいといえます。

まとめ

『自己被リンク』『相互リンク』といったSEOのテクニックはもはや必要ありません。現在はコンテンツ重視のSEOが主流です。

つまり、Wordpressを導入し、SEOに強いテンプレを使い、キーワード選定を行いながら良い記事を書く…それだけで最低限のSEOはできており、これを繰り返せば、必ず上位表示される記事は出てきます。

しかし、SEOの効果が出る前に、多くの人は1ヶ月ももたずにblogをやめてしまいます。

SEOはすぐに効果が出るものではありません。

今回紹介した流れを採用しblogを運用したとしても、上位表示されるのは数か月後と考えておいたほうがいいでしょう。

それまでずっとblogの更新ができるかどうか。それで収益は大きく変わります。

現在Googleは、テクニックを重視していたこれまでのSEOをペナルティ対象とし、排除しています。今後はより『コンテンツ重視』のSEOが重要となるでしょう。

『良い記事を書き、検索ユーザーに価値をもたらす』サイトであり続ければ、必ず上位表示されることでしょう。

blogを継続することが一番のSEOだといえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*