アンカーテキストでSEOの効果を高めるポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
seo-anchortext

アンカーテキストは、サイトのSEO効果や利便性を高める上で重要な役割を持っています。

サイトのSEO効果を高める為には、アンカーテキストを適切に設定しなければいけません。

今回は、アンカーテキストとは何か?というところから効果的な設置の仕方まで解説をいたします。

アンカーテキストとは?

アンカーテキストとは?

アンカーテキストとは、リンクが設定されたテキストのことです。

例えば以下の「SEOナビ」と青くなっているところがアンカーテキストのことです。

アンカーテキスト無し:「アンカーテキストとは何か?について」

アンカーテキスト有り:「アンカーテキストとは何か?について」

Googleの検索エンジンは、このアンカーテキストリンクを認識しリンクとコンテンツの関連性を把握し評価の一つとして捉えています。

アンカーテキストのSEO上での効果

アンカーテキストのSEO上での効果

アンカーテキストは、検索エンジンにもリンク先のページがどういったページなのかを伝える役割があります。

例えば、サイトを見ている時「詳細」のみのアンカーテキストリンクがあったとします。

これだけでは、検索エンジンがリンク先の内容を理解することはできません。

また、ユーザーにとっても何の「詳細」なのか、どのようなページに飛ばされるのか想像がつきません。

こういった場合は「詳細」のみのようなアンカーテキストリンクを置くのではなく「アンカーテキストについての詳細」といったように、検索エンジンにもユーザーにもその先のページがどういった内容が記載されているのかを理解できるように設置しましょう。

理解しやすいアンカーテキストリンクを設置することで、ユーザーの滞在時間やページごとの評価が上がります。

アンカーテキストを設置する際のポイント

アンカーテキストを設置する際のポイント

アンカーテキストを設置する場合、いくつかポイントがあります。

内部リンクのアンカーテキストの場合

リンクといえば外部サイトへのリンクと思いがちですが、内部リンクへのアンカーテキストに関しても配慮しましょう。

SEOばかりを意識しアンカーテキストを分散させることが目的となってしまってはいけません。

例えば、コンテンツ内に全く関係のないアンカーテキストがあったらユーザーはクリックしてくれるでしょうか?仮にクリックしたとしても、ユーザーは読んでくれるでしょうか?

多くのユーザーは何かしらの目的があり、あなたのサイト内のコンテンツを読んでいます。

便利なアンカーテキストリンクを設置することで、リンク先のコンテンツも役立つような内容であればユーザーにとってはサイトの信頼性も高まります。
信頼性が高まることによって、自然なリンクを獲得できより多くの人に見てもらえるようになります。

その結果として、SEO効果が高められ検索順位に反映されます。

アンカーテキストリンクを分散をさせることが目的にならないように注意しましょう。

内容が分かるように説明的なテキストを使用する

アンカーテキストは、リンク先のページ内容が伝わるように説明的なキーワードにしましょう。

例えば、リンク先のページが SEOのタイトルについてのコンテンツなのに、「こちら」や「詳細はこちらをご覧ください」のようなものでは何のページへ飛ぶのか理解できません。

そのような場合は「SEOのタイトルの付け方についてはこちらをご覧ください」というように、必ずリンク先のページ内容を分かりやすくし、説明するようにアンカーテキストを設置しましょう。

リンクだとすぐにわかるように設定にする

普通の文章とアンカーテキストリンクを、ユーザーが一目で区別できるように設定してください。

ユーザーが区別をできなければ、せっかく作ったコンテンツにユーザーを誘導させることは難しくなりますし、そもそも設置する意味がありません。

アンカーテキストリンクはSEOの効果を狙うことも重要ですが、ユーザビリティを上げるという点も忘れてはいけません。

テキストリンクが普通のテキストのように見えてしまうような色やテキストスタイルは使用しないようにしましょう。

まとめ

内部SEOを考える上で、アンカーテキストはとても重要になってきます。

アンカーテキストによって、ユーザーや検索エンジンにリンク先はどういったページなのかを理解してもらうことができるからです。

アンカーテキストリンクを設置していくのはとても地道な作業ですが、SEOの効果とサイトの質を高める上では必ず必要になってくる作業なので、徹底してやるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*